September 24, 2013

白髪を予防せよ!

 

みなさま御機嫌よう。今日のお題目は白髪予防よ!

 

調べてみたら、白髪って30代半ばから生えてきて、40代になると染める人が大半らしいわ。わたくし正に30半ば。とりあえず白髪はないわね。予防してるのよ。21歳の時から、毎朝トーストに黒ゴマを大匙一杯のっけて食べてるわ。効いてる!と信じることも大切よ。

 

これを始めたキッカケは雑誌「壮健」よ。(えぇ、21歳で壮健を熟読してたわ。でも「More」と「25ans」も読んでたから婆レベルは±0よ。)その「壮健」の付録がまたね・・・「効いた!試した!読者の健康法」っていう三色刷りの小冊子。そこには毎日黒ゴマ蜂蜜を食べてたら白髪が黒髪になったという85歳のお婆さんが載ってたのよ、ビフォー&アフター写真付きで。・・・衝撃だったわ。

 

当時、フォトショップはそんなに出回ってなかったはずだし、例えあったとしても、あ の「壮健」が15年前、読者体験に使うとは思えないわ・・・。

 

そのお婆さんはね、蜂蜜大瓶を買ってきて、そこにすり黒ゴマをドバドバ入れて混ぜたものをトーストに塗ってたわ。でもね、これ糖分が多すぎよ。だからわたくし、簡易版を作って毎朝食べてたの。さ、作り方はこちらよ!

 

用意するもの (約一週間分)

〇すり黒ゴマ100グラム

〇蜂蜜適量

〇トースト

1.パンを焼く。バターを塗る

2.蜂蜜を塗る

3.ゴマを大匙1杯乗っける→食べる

 

 

これを21歳のときから毎日食べてるの。ジャムより飽きないわよ?バターの変わりにクリームチーズでも美味しいし。そして、今のところ白髪はないわ。調べると、黒ゴマって10種類もの抗酸化成分が含まれてるのね。

 

白髪は体内でできる活性酸素が色素幹細胞のDNAを壊すから生えるんですってよ?ってことは、その活性酸素をやっつける抗酸化物質を体内に入れればいいのよ。黒ゴマはその抗酸化成分の塊なのね。抗酸化サプリを摂ればいいんだろうけど、黒ゴマトーストは美味しいから大好きよ。

 

注意事項はね、必ずすりゴマ、しかも黒ゴマを食べること。ぷちぷちを食べてぜーんぶ噛み砕けないでしょ?石臼じゃあるまいし。

 

それとトーストの前で窓を開けない、くしゃみをしない。ゴマがふっとぶわよ!むせることもあるから飲み物は必要ね。

 

 

 

如何かしらみなさま、何歳まで黒髪を保てるか競争よ!ではまた明日アデュー!