November 12, 2013

タイミング美容

 

          寒い朝に御機嫌よう、アリエーヌです。この間のパーティでオーガニックのブロッコリは二度と買わないと仰った方がいました。油虫が沢山付いていたのがその理由だそうよ。解るわ。わたくしも2,3年前に買ったのがそんなブロッコリでした。翌日、買ったマーケットに行き、交換したわよ。

 

          「このブロッコリ、油虫がぎっちり付いてて食べられないわ。ゾッとして鳥肌立っちゃった!」って言ったの、バイトの子にね。その時の彼女の目が恐怖に見開かれて「嘘?!どうしよう!やだー!」って手袋まで付け始めて受け取ろうとするから「今の10代って繊細なのね・・・。」と思っていたの。

 

          城に帰ってきてから、何であんなに怖がったのかと思い返してたら、わたくし、言い間違いしてたわ。「鳥肌」ってGoosebumpsって言うんだけど、間違えてChicken pox、水疱瘡って言っちゃったのね。どうしても日本語の「鳥肌」が脳内で「鶏肌」になり、Chicken が口をついて出てしまったのよ。

 

          あの子は「このブロッコリーの油虫のせいで疱瘡に罹ったわ!」って言われて恐怖に慄いたんだわ。そら怖いわ。

 

          さて、今日は化粧水をつけるタイミングを調整すると今までよりも効率的に保湿できるというのがテーマですわ。

 

          みなさま、お風呂から上がって、いつ化粧水をおつけになるかしら?体を拭いてから?それとも顔を拭いてから?

 

          化粧水って洗顔後30秒以内に付けると効果があるってご存知?つまり、肌が空気で乾燥するよりも前につけなくてはいけないのよ。これを知ってからわたくしはやり方をこうしました。

 

1.お風呂のあとシャワールームに化粧水を持って入り、顔を拭いたらまず1回化粧水。 

2.髪と体をふいたらもう一回化粧水。 

3.洋服を着たら最後に一回。→すぐスキンケアへ。

 

こうすると3回化粧水がつけられるの。30代は3回、40代は4回、50代は5回化粧水をつけるっていう美容法をご存知かしら?それを実践している50代の方は、なるほど肌がうるおっていたわ。タイミングを逃さなければ、時間をかけずとも化粧水の重ねつけは可能ですわよ。わたくしはお風呂場で化粧水を付ける度毎に手を洗うのが面倒だから、お風呂場用にはスプレーポンプに入れ替えた保湿化粧水を置いてるわ。

 

          それでは今日もどうぞ良い一日をお過ごしくださいね!アデュー!