October 18, 2013

 丑三つ時の美容

 

南瓜提灯を眺めながらごきげんよう、アリエーヌよ。昨日は近所の城主夫人とハロウィンの風物詩である南瓜をくりぬいていました。日本のと違って、西洋のは皮が柔らかいので切るのは簡単。しかし、中身をくりぬくのはちょっと手が掛かるわね。手をドロドロにしながら南瓜の中身と格闘してなんとか仕上げたわ。

夜になって蝋燭を灯すと、それらしく見えるものね。しかし31日まで腐らず、しかもカビ生えずに持つかしら・・・無理な気がするわ。それこそが真のホラーだわよ・・・。

 

今日の記事は寝ている間の皺のケア。わたくし、どうも寝ている間に歯を食いしばったり、眉間をひそめたりしているようなのよ。気付いたのは3年くらい前かしら。朝起きると、眉間に縦皺がクッキリしていて。日中の反動で夜、苦悩しているのかしらね?

 

それで、始めたのがテープ美容。簡単明快。寝る前に皺を作りたくないところにテープを貼るだけ。結局、皺は表情の癖だから、毎回毎回、癖を正すか、あるいは癖を阻止するしかないのよ。

 

起きている間は注意できるけれど、寝ている間はできないでしょ?だからもうテーピングですわ、奥様。

 

わたくしが使っているのは Derma Gen アンタイ・リンクルパッチという使い捨てのシール。日本でもこういうの売ってるわよ。「皺とりテープ」で検索すると沢山でてくるわ。

 

注意点は、シップにかぶれる人は様子を見ながら行うこと。翌朝、顔がかぶれてたなんて嫌ですものね。

 

こんな風に貼って寝るのよ。↓これは田町イクヨがモデルなのに、ジャンの担任の先生にそっくりなのよね・・・。