February 21, 2014

老けて見えないポイント3つ―その2


 いい天気の日にごきげんよう。ジャンの1週間休みも今日で終わり。やれやれ。冬休みと春休みの間の中間休みとでも言うのでしょうか、ほんとに休みの多い学校ですわ。


家にばかり居ても良くないので、公園に行き、モールへ行き、お友達と遊ばせ、レストランへ行く。そのレストランで昨日は冷や汗かきましたわ。


食事が出てくるのを待つ間、ペンセットで絵を描くジャン。「そろそろご飯だから、仕舞うわよ」と促した途端にウエイトレスさんがお皿を持ってきたのよ。何を思ったのかペンセットの入れ口をぐぐっとひしゃげ、それとウエイトレスの口元を交互に凝視して、「この人の歯って、このペンケースだ。」

確かにお姉さんの歯並びは凄いが、本人目の前に言うことじゃないだろうが!と心で絶叫。


しかし、まだ日本語だったから良かった・・・。そのあと、人の容姿をアレコレ言うのは良くないと諭しつつお昼を食べましたわ。子供と一緒に外食すると、味も雰囲気も3割引きでございます。


さて、今日の美容は「老けて見えないポイント」の第2弾、頬の下垂をリフトアップする方法でございます。


やり方はこちら。


1.法令線の上に両手の人差し指を乗せる。


2.指を置いたまま、上唇が鼻につく勢いで筋肉を上へあげる。


20秒キープ、10秒休みで10回。


これはね・・・昔、関根勤が「ウサギの真似」をしてた時の顔なんだけど、奥様、知らないでしょ?ちょっとこんな顔になってしまうの。げっ歯類の顔ができれば効いてる証拠よ!


じゃ、げっ歯類で頬のリフトアップをして下さいませね。頬が上がるだけでなく、方令線にも効果あってよ。


それでは今日もいいことがありますように!アデュー!