February 12, 2014 

歯茎を鍛えて法令線予防

 

ようやく雨が上がった朝にごきげんよう。恵みの雨はありがたいものですわ。

 

ジャンの最近のお気に入りは小学館から出ている「日本の歴史」漫画。そのなかでも特に上杉謙信の大ファン。人義に厚く、弱気を助けるところがカッコいいんだそうよ。

 

ところがね、ジャンはどうも上杉謙信の幼年名が覚えられないのよ、正確には。上杉姓を名乗る前の彼の名は「長尾影虎」。越後の龍、または越後の虎と呼ばれた名高い武将ですわよ。

 

先日、日本人の男の子が遊びに来たとき、ジャンが得意げに申しました。「この人凄いんだよ。強い侍!名前はね・・・・・

 

      長尾 ハ ゲ 虎!

 

ハナ出そうになったわ。越後の龍と呼ばれる軍神を、事もあろうにハゲ虎って・・・。

 

「いやっ!影虎でしょ?影!」と訂正すると、「あっそうそう、影虎ね!」と軽―い感じで治しておりました。もうちょっと反省しても良くってよ?

 

 

さて、今日の美容は歯茎の痩せに伴う法令線。法令線は顔の筋肉の老化や弛みで出てくるとばかり思っていたけど、それだけではないわ。間接的にだけれど、歯茎が痩せることでその上に乗っかっている皮膚が余る分、シワや影が出てくるのよ。

 

 餡子がたくさん詰まった薄皮まんじゅうは丸いけど、あんが少ないと、皮がたるんでシワができるのと同じ原理よ。

 

という訳で、中から(歯茎)外から(頬の筋肉)鍛えれば、鬼に金棒なのですわ奥様!

 

やり方は簡単。

 

1.清潔な指の腹で歯茎をマッサージ。特に法令線の辺りは

 

  念入りに。上と下の歯茎を行う。

 

2.歯の付け根のすぐ上を親指と人差し指で圧迫する。

 

  上下全てまんべんなく。

 

 

これを合わせて計5分することで、歯茎の痩せは防げるそうよ。

 

肥満は嫌だけどふっくら歯茎をめざしたいものですわ。

 

 では今日も良い一日を!アデュー!