November 5, 2013 

老化に抗う

 

誤変換女王、アリエーヌからごきげんよう。

iphoneで大切な用件を書くのは金輪際やめようと思っているわたくしです。何が困るって誤変換。先日、親友がフェイスブックで美味しそうなマルガリータの写真を載せていたの。折しも、同じものを昼食に食べたので、「私もマルガリータ食べたわ!」って携帯から送ったんだけど。それが、『私も丸刈りた食べたわ!』になっていたわ。思わず、ガリガリ君のパッケージの少年を頭っから齧る山姥を想像したわよ。丸刈りって・・・。

 

そしてつい最近、初対面の方とお会いする用件を携帯で送受信しておりましたのよ。話題がズンバになったとき、どういう訳か

 

「 ズ ン 馬ですね!」って送ってしまったわ。わたくしが悪い、ええ、勿論そうですとも。しかしね、『ズン馬』っていう選択肢を用意しているiphone、あんたの言葉のチョイスもどうかと思うわ。

 

 第一、ズン馬って何よ、どんな馬よ。

さて、この頃は寒くなってきて鍋物が美味しい季節ですが、わたくしが絶対に入れたいのは春菊。春菊は美容に最適なのですわ。ビタミンB2,C,カルシウム、鉄、βカロチンが含まれ、このβカロチンに抗酸化作用と美肌効果があるのですわよ。アンチエイジングに燃えている方ならご存知かもしれないけど、抗酸化作用で一番注目されるのは「老化を防ぐ」って点よね。

 

体の老化を防ぐ=長じて肌の老いも食い止める、あるいは緩やかにするという働き。これはもう、鍋ものを食べるたびに春菊を入れなきゃ。

でも独特な匂いが嫌いな人も多いわね。城主シャルルもそんな一人で、「ハーブを食べされられている馬の気分になるから嫌。」ですって。よくってよ。ズン馬になるか春菊を食べるか、どっちがいいかしらね?

それではまた明日お会いしましょう!良い一日を。アデュー!