April 17, 2015

崩れにくいベースメイク

  

 暖かい午後にごきげんよう。 

 アリエーヌは今日、一大仕事を終えました。それはね、 

肉まん屋に行き、4ダースの肉まんを買う事なの。 

 その肉まん屋は物凄く辺鄙な所にあるのよ。リトルメヒコ思わせる鉄の格子戸がついた店(泥棒避け)が立ち並ぶ中にあるわ。 

 電話で注文し、待つこと1週間。出来上がると店に取りに行くのよ。 

 まず、店の鉄格子の前で「誰か~!」って叫ぶと、中国人のおばさんが鉄格子の鍵をあけて、顔を半分だすの。 

 

おばさん「名前は?」わたくし「アリエーヌ」 

おばさん「・・・入んな。」わたくしが入るとすかさず、鉄格子を施錠。もうね、麻薬でも買いに来たのかと。 

 「・・できてるよ。」おばさんは顎をしゃくってブツを 

差す。「払いは現金だ。」わかっているわ。売人は足がついたら豚箱行きだもの。おばさんは紙幣を透かして確認。 

治安の悪いこの辺では偽札も出回っているのね。怖いわ。 

 ブツと共に店を出ると、背後で施錠。いけないわ、こんなところに長居したらわたくしの名誉とブルボン家の名声に傷がついてしまう!速やかにここを去らねば! 

許して、シャルル。こんな所に出入りする妻を許して! 

 という具合に、イケナイ物を買いに来た名家の奥方を演じる事ができる程、荒くれた場所にある肉まん屋なの。だから3か月分まとめ買いするのよ 

 さてさて、今日の美容のヒントはメイク崩れの防止です。こう暑いと、汗でファンデーションがムラになるのですが、ちょっとしたコツでこれを防げます。

 

  1. まずはベース。ごくうすい膜を張るように均一に伸ばします。
  2. フェイスパウダーを乗せます。パフに粉を良くも見込んで、更に手の甲で余分を落としてから。
  3. パウダーファンデーションを塗ります。内側から外、下から上へ。産毛に逆らって滑らせます。
  4. 最後に、2でパフに残っているフェイスパウダーを上乗せします。とにかくサラサラの状態にすることで崩れにくく、よれにくいベースが完成します。 

 

コツは、どれも薄く伸ばしていくこと。厚塗りは厳禁です。皺が目立って老けて見えます。 

 

 それでは、よい週末を!アデュー!